株式会社ケイライン

トップページケイライン人を知る教室長紹介千葉春菜
千葉春菜教室長

同じ道を歩み、ロールモデルとなる社長がすぐそばにいる。

千葉春菜教室長

大学生のとき、明光義塾で講師のアルバイトをしていて、生徒一人一人にじっくりと向き合える個別指導にとてもやりがいを感じていました。明光義塾をFC展開をしている企業はいくつもありますが、ケイラインにしたのは、カリキュラムや仕組みがしっかりしているから。教材や授業のマニュアルのレベルも高いので、生徒の学力を伸ばしていけるんです。それと杉本社長の存在。私たちと同じように社員として入社して、代表になりましたから、同じ働く女性としてのお手本です。年齢も若く、社員との距離が近いので、何でも相談できてとても心強い。

生徒の喜ぶ顔が壁を乗り越える力になる。

千葉春菜教室長

講師のアルバイト経験があるとはいえ、社員となると、教室全体の運営を任されます。講師のマネジメントや保護者との面談もとても大切な仕事。やはり自分のお子さんのことになると熱が入るもの。「ぜんぜん勉強しないんです」「どうして成績が上がらないんでしょうか?」といった保護者からの相談もしっかり受け止めます。そして、生徒一人一人の性格や得意・不得意なことをしっかり見極め、粘り強く指導に当たります。そうやって学力や成績が上がり、「先生、できたよ!」という生徒の嬉しそうな顔を見ると苦労も吹き飛びます。

この仕事は、究極のコミュニケーションビジネス。

千葉春菜教室長
私は生徒を指導していく立場ですが、生徒からたくさんのものをもらっています。例えば、何か嫌なことがあったときも、教室に行けば生徒たちの笑顔に出会える。すると、疲れや悩みが自然と消えていくんです。ケイラインでは、小学生から高校生までが通ってきますし、講師、保護者ともに10代から70代と幅広い世代の人たちが深く関わってきます。そういう意味では、究極のコミュニケーションビジネスともいえます。
教室風景
今の目標は、受け持っている教室を大きくしていくこと。よりたくさんの生徒を迎え入れたい。そして、授業や指導力なども含め、この教室がケイライン全体のお手本、ロールモデルになるようにしたいと思っています